かん

アクセスカウンタ

zoom RSS 第115回京都らくらくウォーキング200選&城南宮枝垂れ梅

<<   作成日時 : 2018/03/18 17:02   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 0

今回のウォーキングは市内出て滋賀県の「坂本の史跡」滋賀院門跡・日吉大社に行きました。

8時45分にJR京都駅集合し湖西線でJR比叡山坂本駅からスタートして生源寺〜滋賀院門跡〜日吉大社

(昼食事休憩)〜西教寺〜JR比叡山坂本駅へ行く人と京阪電鉄坂本駅で乗る人と別れて解散しました。

今日の参加者は46名でした。

前日に(17日)城南宮枝垂れ梅見に行きました、少し遅かったか散っていました。    一部参考資料にて


JR比叡山坂本駅です。
画像

駅前に穴太衆積みがありました。
画像
  
画像
  
画像

生源寺(しようげんじ)です。
画像
  
奈良時代後期に天台宗の開祖・最澄が開いた寺と伝えられています。
また、最澄が生まれた地とされ、境内にはゆかりの建物などが残されています。
山門には最澄誕生の碑が建っています。
別当大師堂の近くにある古木の下には古井戸があり、ここから汲み上げた水が最澄の産湯になったと言われています。
また、最澄の母を市殿神社に、父を百枝神社にまつっています。
本尊は十一面観世音菩薩像で、慈覚大師の手によるものと伝えられています。
織田信長が比叡山を焼き討ちした際に鳴らされたのがこの寺の釣鐘であると伝えられ、現在はJR比叡山坂本駅の前に公開されています。
画像画像

隣に大将軍神社がありました。
画像
  
画像
  
画像
  
画像
   
次の滋賀院門跡に行く途中です。
画像
  
画像
  
画像
  
入る前に一息休憩です。
画像

滋賀院門跡(しがいんもんせき)です。
画像

中拝観せず通り抜けです。
画像

滋賀院門跡の創建400年目を迎えるにあたり、記念企画として「天海と滋賀院門跡の名宝」展を開催します。
天海大僧正(1536?〜1643)は徳川家康・秀忠・家光と三代にわたって仕え、政治と宗教の方面で多大な影響力を持った名僧です。
比叡山では探題執行に任命され、焼き討ち後の山門再興に大きく貢献しました。
一方、滋賀院門跡は比叡山麓の坂本にある延暦寺里坊の総本坊で、代々、天台座主の御座所とされています。元和元年(1615)天海が後陽成天皇から京都北白川の法勝寺を賜り、のちに後水尾天皇から滋賀院の号を下賜されたのがはじまりです。
坂本の町には、穴太(あのう)積みの石垣が見事な里坊が数多く残っていますが、中でも滋賀院門跡はひときわ背の高い石垣と白壁に囲まれて、延暦寺の本坊らしい堂々とした外構えを見せています。
画像
  
画像
  
画像
  
画像
画像
  
画像

日吉大社に行く途中です。
画像
  
画像
  
日吉大社で食事休憩です。
画像

全国3800社の日吉・日枝・山王神社の総本宮。約2100年前に比叡山の神を麓に迎え創祀された古社。
千年の都、京都の鬼門(北東)を守護し、厄除に名高い神社として崇敬される。
また伝教大使の諸願により、仏教天台宗の守護神ともなる。
境内には国宝や、国の重要文化財に指定された建造物が立ち並び、4月12〜14日には湖国三大祭の山王祭が行われます。
食事休憩です。
画像
  
拝観せず。
画像

西教寺行く途中です。
画像
 
奥は琵琶湖です。
画像

西教寺(さいきょうじ)です。
画像

天台真盛宗(しんせいしゅう)の総本山。
戒光山兼法勝(かいこうざんけんほっしょう)西教寺と称する。
本尊は阿弥陀如来。
618年(推古天皇26)聖徳太子が恩師の高麗(こま)僧慧慈(えじ)、慧聡(えそう)のために創建したと伝えられる。
その後、天台宗が盛んになるに及び、比叡山北方にあたる当寺にもその教線が及んだ。
天暦(てんりゃく)年間(947〜957)に元三慈恵(がんさんじえ)大師良源が復興再建して念仏の中央道場とした。
1486年(文明18)中興開山の真盛上人が入寺し、40余の堂塔と教法を再興して不断念仏を始め、いまなおその伝統が受け継がれている。
1571年(元亀2)織田信長の比叡山焼打ちによって焼失したが、坂本城主となった明智光秀が檀徒(だんと)となって1574年(天正2)に再建され、90年には山城(京都府)粟田口にあった法勝寺と合併した。
1878年(明治11)天台宗真盛派本山となり、現在では全国に400余りの末寺をもつ。
桃山御殿とよばれる客殿は、伏見城から移築された書院造の建物で、本尊阿弥陀如来坐像(ざぞう)(平安後期)、梵鐘(ぼんしょう)(平安時代)、薬師(やくし)如来坐像(京都法勝寺伝来、秘仏)などとともに国の重要文化財。
画像
  
画像
  
桜が咲くと綺麗です。
画像
  
画像
  
境内には明智光秀一族の墓がありました。
画像
  
画像
  
西教寺終わり帰る道ですが桜が咲くと綺麗です。
画像

JR比叡山坂本駅の途中に京阪電鉄坂本駅があって其処で分かれて解散しました。


17日に城南宮行く途中に北向山不動院がありましたので寄って行きました。
画像
  
画像
  
画像

城南宮の枝垂れ梅ですが昨日の雨で花びら落ちたのかもう終いの感じでした残念。
方除[ほうよけ]の大社と仰がれる。
城南宮は今から1200年ほど前、平安遷都時に都の南に創建され、方除けの大社として信仰を集めている神社です。
独特の優美な姿を見せる本殿をとりまくように神苑楽水苑が広がっている。
さまざまな趣をそなえた庭には、源氏物語ゆかりの80余種の草木が四季を彩り、「源氏物語花の庭」と呼ばれる。
春と秋に行われる「曲水の宴」は、平安の雅を今に伝える行事として有名です。
毎年2月下旬ごろには神苑楽水苑内にある「春の山」に紅・白のしだれ梅が約150本咲きはじめ、春を告げる。
画像

画像

画像
画像
画像
画像
  

          最後までありがとう御座いました。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい
第115回京都らくらくウォーキング200選&城南宮枝垂れ梅 かん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる