第129回京都らくらくウォーキング200選 下鴨神社・蘆山寺

令和元年に成って二回目のウォーキングです。
早くも関東は梅雨入りと成っていますが。
関西は梅雨入未だですが、今日は京都らくらく会のウォーキングでした。
曇り晴れの天気でしたが、雨降らずで良かったです。
脊柱管狭窄症後の今日はウォークでしが最後まで歩けるかと思いましたが、何とか歩けました。

今回のコースは叡電出町柳駅9時45分に集合し10時頃スタートです。
出町柳駅~下鴨神社~桝形商店街~御所内猿が辻~母と子の森(昼食休憩)~梨木神社~蘆山寺~厳島神社~堺町御門で解散です。
今日の参加者43名です。    一部参考資料にて


来月7月21日(日)9時45分JR嵯峨駅前集合です
コースは清涼寺・落柿舎・常寂光寺・二尊院・祇王寺・化野念仏寺・愛宕念仏寺等です。
参加者は電話か当日でもいいです、京都らくらくウォーキング携帯番号090-2066-5943北川迄。

叡電出町柳駅です。
出町柳駅は、京阪電車の大阪・淀屋橋への始発駅でもあり、叡山電鉄の鞍馬・貴船への始発駅です。
画像

集合し場所移動する。
画像

集合し今日のコース説明です。
画像

下鴨神社へ
画像


下鴨神社(しもがもじんじゃ)です。
画像

京都の守護神と“婦道”の守護神を祀る「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」、通称「下鴨神社(しもがもじんじゃ)」。
朱塗りの“楼門”が印象的な「下鴨神社」。
京都最古の社の一つ「下鴨神社」。
深い森に抱かれた社は、国宝、重要文化財、ユネスコの世界遺産に登録されています。
訪れれば豊かな緑に癒され、縁結びや子宝など婦道の御利益も頂けます。
京都三大祭に数えられる“葵祭”が行われる神社としても良く知られています。
表参道を直進すると、朱塗りの[楼門]が現れます。[楼門]をくぐると、正面に舞殿、中門が続き、その奥に本殿があります。
本殿は、東西に分かれ、ともに国宝に指定されています。
「下鴨神社」の御祭神は、西殿の「賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)」と、東殿の「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」。
「賀茂建角身命」は、古代京都の山城を開いた神様。
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
川渡って桝形商店街に行く途中です。
画像
 
画像

桝形商店街(ますがたしょうてんがい)です。
画像

出町桝形商店街は、京都市上京区出町柳に位置する商店街です。
多くは食料品店や飲食店などが立ち並ぶ地域密着型の商店街です。
サービス精神旺盛な店主とのやりとりや、会話も魅力の1つです。
画像
 
画像
 
画像

御所内猿が辻へ行く途中です。
画像
 
画像

御所内猿が辻(ごしょないさるがつじ)です。
画像

京都御所の囲む塀に中で、唯一凹んでいる場所です。
なぜ、猿が辻だけ角がないのでしょうか。
それは、この北東が御所の鬼門にあたるからです。
鬼門から鬼がやって来ないように、角(つの)が取られました。
そのため、ここだけ角がなく凹んでいるのです。
金網と背景と同化して、肉眼では見難です。
いたずら好きの猿なんですので、そういう訳で、金網の中にいます。
画像
 
画像

御所内母と子の森、(食事休憩)です。
実のなる樹を植えたり、野鳥の水飲み場などが整備され、今では子ども達がドングリを拾ったり、野鳥達の水遊びを見ることができます。また、近くには、屋外に設置された本棚に、図鑑などの本が置いてある「森の文庫」がありますので、植物や鳥などについて調べることができます。
四季折々に親子向け自然観察会などの催しもあります。
染殿井、土御門第跡、橋本家跡、学習院跡などの史跡もあり、東屋、トイレも完備。
画像

梨木神社(なしのきじんじゃ)です。
画像

御所東にある梨木(なしのき)神社です。
京都三名水とも呼ばれる「染井の水」です。
染井の水は醒ヶ井(さめがい)、県井(あがたい)と並んで京都三名水と呼ばれ、その中でも未だ枯れずに湧き続けている唯一の井戸です。
京都三名水というからには何か深―い歴史や云われがあるのかな、と思っていましたが、たまたまこの井戸のある場所に神社が創建されただけだ」というのです。
というのも、梨木神社は明治18年に創設された比較的新しい神社です。
ここには明治維新に貢献した三條実萬(さねつむ)公と三條実美(さねとみ)公がお祀りされています。
この辺一帯には昔、公家のお屋敷がたくさんありましたが、明治になってそれらが全て東京に移されました。
画像
 
画像
 
画像

蘆山寺(ろざんじ)です。
画像

御所の東側、寺町通りに面した「盧山寺(ろざんじ)」は、源氏物語の作者・紫式部ゆかりの地として有名だ。
蘆山寺(ろざんじ)は京都市上京区、京都御所にほど近い場所にある天台宗の寺院です。
奈良時代に建立された歴史ある寺院で、幾度か移転を繰り返した後で紫式部邸宅跡と伝わる現在の地に落ち着きました。
紫式部ゆかりの場所に建つ寺院ということで、源氏庭と名付けられた庭や、紫式部の歌碑があります。
豊臣秀吉の寺町建設によって天正元年(1573年)に現在地に移転してまいりました。
明治天皇の勅命により当山のみが復興され現在は天台圓淨宗として今日に至っております。
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
厳島神社に行くのに再度御所内に行く。
画像
 
画像

厳島神社(いつくしまじんじゃ)です。
画像

平清盛ゆかりの神社
厳島神社は、京都御苑内の堺町御門そばにあり、弁天様が祀られています。
この神社は、清盛の母とされている祇園女御のために安芸の厳島神社をこの地に勧請したものです。
後に祇園女御も祀られました。
京都三珍鳥居 / 唐破風鳥居
花こう岩でできているこの鳥居は唐破風形式であることから、「唐破風鳥居」と呼ばれ、北野天満宮の石造鳥居・蚕ノ社の三柱鳥居と合わせて「京都三珍鳥居」とされています。
画像
 
画像
 
画像

ここで解散しました。
画像



             最後までありがとうございました。