京都らくらくウォーキング200選 特別企画日帰りバス旅行

台風19号にて被災地の方々に心よりお見舞い申し上げます、大変ですが頑張って下さい。
10月20日(日)は特別企画で日帰りバスにて舞鶴近辺巡りです。
コースは7時に京都八条口バスこターミナル集合し7時30分に出発し沓掛インター~(京都縦貫道~・舞鶴若狭道)~舞鶴東インター~舞鶴港~(舞鶴海軍ゆかりの港巡り遊覧)~舞鶴赤レンガパーク(散策)~松尾寺(拝観)~五老スカイタワー(見学)~道の駅・とれとれセンター(海産物等のお買い物)~舞鶴西インター~(舞鶴若狭道・京都縦貫道)沓掛インター~京都八条口で解散です。
第133回らくらくウォーキングは11月17日(日)第三日曜日大原の秋です、勝持寺・大原野神社等です。
参加希望者は携帯090-2066-5943で受付です、当日参加OKです。集合場所は市バス洛西バスターミナルです。

   参加者は46名でした。  一部資料参考にて。
京都八条口バス集合場所です。
IMG_0595.JPG
味夢の里で、トイレ休憩です。
IMG_0597.JPG
舞鶴港遊覧船で湾巡りです。
IMG_0618.JPG
赤れんがパークから歩いてすぐのところに乗船所があります。
30分で舞鶴湾東港を一周します。
見どころは後半、たくさんの海自の艦艇を見ることができます。
なお、これら艦艇を見られるかどうかは任務次第で、イージス艦を始め十数隻の護衛艦を見る事が出来るらしです、
ほとんどが出払っている時もあるそうです。
IMG_0617.JPG
IMG_0638.JPG
IMG_0649.JPG
IMG_0651.JPG
IMG_0667.JPG
IMG_0693.JPG
IMG_0664.JPG
赤レンガパークです。
IMG_0733.JPG
7棟の赤れんが建築が連なる倉庫群を改装した施設で、建物は重要文化財に指定されている。カフェや展示施設が入る2、3号棟のほか、4、5号棟では不定期でライブイベントやアートフェスタなども開催しています。
現存する日本最古級の鉄骨れんが建造物です。
明治36年に建設された魚雷庫を活用。現存する鉄骨れんが造りの建物としてはたいへん貴重なもので、国の重要文化財の一棟。館内ではれんがの歴史、世界各国の鉄骨れんがなどを展示しています。
IMG_0734.JPG
IMG_0736.JPG
IMG_0739.JPG
松尾寺です。
IMG_0775.JPG
松尾寺は京都府舞鶴市松尾にある真言宗醍醐派の寺院。
若狭富士の名で知られる青葉山の中腹に経つ松尾寺は西国三十三ヶ所第二十九番札所。
寺伝によれば、708年(慶雲五年)に渡来僧の威光上人が青葉山に草庵を結び、松の大樹の下で感得した馬頭観音像を安置したのが始まりと。
1119年(元永二年)に鳥羽天皇の行幸があり、平安時代、鎌倉時代に多数の塔頭を抱えて栄えたが、室町時時代以降戦乱に巻き込まれるなどして衰微。
1581年(天正九年)に細川幽斎によって再興され、江戸時代には丹後田辺藩京極家、牧野家の帰依を受けた。
中国から渡来した威光上人が青葉山中の松の大木の下で修行中に馬頭観音像を感得し、和銅元年(708年)にこの松の木の下に草庵を造り、観音像を安置したのが松尾寺の創始とされています。
一方、10世紀末に海難に遭った漁師が馬頭観音の化身といわれた流木にすがって救われ、この木で馬頭観音を刻んだという説もあるらしいです。
元永2年(1119年)には鳥羽天皇の行幸があり、信仰をあつめ大寺として繁栄したようです。
 その後、何回かの火災に遇い、また織田信長の兵火による全焼もあったが、細川幽斎や京極家の援助で復興し、現在の寺観になったのは享保15年(1730年)という事です。
国宝、普賢延命像(絵画)をはじめ、快慶作の阿弥陀如来坐像など多くの文化財を所蔵しています。
IMG_0781.JPG
IMG_0774.JPG
大きな銀杏の木でした、銀杏一杯落ちて居ましたが臭いがきついので拾わず。
IMG_0747.JPG
IMG_0749.JPG
IMG_0766.JPG
IMG_0768.JPG
五老スカイタワーです。
IMG_0806.JPG
舞鶴のほぼ中心に位置し標高301mの高さを誇る五老岳。その頂上にそびえる高さ50mの展望タワー。
海抜325mの展望室からは美しく広がるリアス式海岸の舞鶴湾と舞鶴市内が一望でき、360度パノラマビューが楽しめます。
ここからの眺めは「近畿百景第1位」に選ばれており見ごたえ充分の景色です。
IMG_0788.JPG
IMG_0797.JPG
道の駅とれとれセンターです。
IMG_0815.JPG
日本海側最大級の海鮮市場(480坪)を持つ、道の駅です。京都府随一の水揚げを誇る京都府漁協舞鶴魚市場の鮮魚仲買人が4人出店していますから、新鮮さ・安さ・種類の豊富さはどこにも負けません。目の前に並べられているお魚・かに・貝・えびなどを、目の前で調理してもらい、その場で海鮮焼き・お刺身としてすぐ食べられるシステムが大好評です。
獲れたてのネタの寿司店、海鮮丼中心の食事処、舞鶴かまぼこ・ちくわなどの練り製品専門店、京都北部のお土産がそろう土産店、それに海鮮レストランも併設しています。
「お土産」と一口に言っても様々なものがあります。
その土地の誇る名産品・特産品が主となります。
ここ舞鶴はやはり、日本海で穫れる「海の幸」、年間通じて、あらゆる美味・珍味が一同に集います。
夏は「岩がき」「とり貝」、冬の味覚の王様「かに」その他にも、色々な海産物、海産物加工品が店先に所狭しと並びます。
IMG_0819.JPG
IMG_0825.JPG
IMG_0831.JPG
IMG_0839.JPG
この場所で買って料理して貰って食べられます。
IMG_0823.JPG

 最後までありがとう御座いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント