第135回京都らくらくウォーキング200選 祇園町・建仁寺・六波羅蜜寺

令和2年1月も中半過ぎましたが、
皆様方は、新しい年は如何でしょうか。
令和二年の初めてのウォーキングです。
今回は祇園界隈を歩きます。
コースは祇園四条駅~辰巳神社・祇園甲部~建仁寺~恵比寿神社~祇園四条駅(昼食休憩)~宮川町~六波羅蜜寺で解散です。
  今日の参加者は51名でした。      一部資料にて。

二月のらくらくウォーキングの予定は二月十六日「日」です。
コースは応仁の乱の上御霊神社・額緑寺等です。
参加希望者は電話090-2066-5943らくらくウォーキング迄、よろしくお願いします、当日でも参加OKです。

祇園四条駅です。
京阪電気鉄道京阪本線の駅。
IMG_2819.JPG
地元の人は、当駅を含めた周辺地区を四条京阪と呼ぶことが多いです。
便利で住むには十分な条件が揃っている。
家を出ると少し歩いただけで見るものがあります。
車が混みやすいので、バス利用が便利だが渋滞が発生し時間がよめなくなるので不満
外国人観光客が増えすぎて市民生活が圧迫されてると感じるときがあります。
IMG_2554.JPG
IMG_2559.JPG
出発前の説明です。
IMG_2566 (2).JPG
辰巳大明神へ行く途中です。
IMG_2574.JPG
辰巳大明神・祇園甲部です。
IMG_2577.JPG
祇園の辰巳大明神(辰巳神社)は、その名のとおり、御所の辰巳の方角の守護神として祀られた。
今日では、祇園の芸妓や舞妓が芸事の上達を願う神として、また、商売繁盛の神として信仰されている。
辰巳大明神の横の巽橋には狸が住んでいて、橋を渡る人を騙して川の中を渡らせるという悪戯をしていたため、困った人々が狸を祀る祠を建てたところ悪戯が収まったのだという。
辰巳神社は祇園のほぼ中央、巽橋のすぐ近くにある小さな神社です。
辰巳とは南東の方角を指す言葉で、はじめは御所の南東を守る鎮守社として建立されました。
時代を下るにつれて祇園で働く舞妓や芸妓の信仰を集めるようになり、今では祇園を象徴する場所の一つになっています。
祇園甲部(ぎおんこうぶ)は江戸時代初期に八坂神社の門前で営業していた水茶屋とそこで働く茶点て女が起源と言われています。京都所司代・板倉重宗により、茶点て女を置くことが許可され、八坂神社(祇園社)門前の茶屋町を「祇園町」と言うようになりました。1872年(明治5年)お茶屋一力亭9代目・杉浦治郎右衛門や初代京都府知事・長谷信篤などにより、祇園甲部歌舞会が設立されました。
また同年には八坂女紅場(やさかにょこうば)が創設され、1951年(昭和26年)に学校法人になり、舞妓・芸妓を養成する祇園女子技芸学校(ぎおんじょしぎげいがっこう)を運営しています。
なお祇園甲部の舞踊は京舞井上流、春には都をどり、秋には温習会を開催しています。
祇園甲部は現在五花街の中で最大の花街と言われています。
(1881年(明治14年)祇園東が祇園甲部から分離・独立しました。)
IMG_2580.JPG
IMG_2579.JPG
IMG_2583 (2).JPG
IMG_2598.JPG
祇園東・甲部です。
IMG_2601.JPG
IMG_2612.JPG
IMG_2615.JPG
建仁寺へ行く途中です。
IMG_2617.JPG
建仁寺です。
IMG_2618.JPG
臨済宗建仁寺派大本山である建仁寺。
建仁寺は建仁2年(1202年)、将軍源頼家が土地を寄進し、栄西禅師を開山として建立されました。
京都五山の第3位に列せられ、京都最古の禅寺として大いに栄えましたが戦乱などにより荒廃してしまいます。
天正年間に安国寺恵瓊が方丈や仏殿を移築して復興が始まり、徳川幕府の保護のもと堂塔が再建されました。
臨済宗建仁寺派の大本山であり、高台寺や八坂の塔の法観寺も建仁寺の末寺にあたります。祇園。花見小路を歩いて辿り着く
と建仁寺です。祇園から歩けるのでアクセスはいいです、バスでも電車でも行けます。
IMG_2624.JPG
IMG_2650.JPG
IMG_2665.JPG
IMG_2670.JPG
IMG_2671.JPG
IMG_2680.JPG
IMG_2690.JPG
IMG_2689.JPG
IMG_2692.JPG
IMG_2704.JPG
IMG_2718.JPG
IMG_2728.JPG
 恵比寿神社です。
IMG_2772.JPG
建立:1202年(建仁2年)大和大路四条下るにある、京都ゑびす神社

鎌倉期、栄西禅師が建仁寺建立にあたってその鎮守として創建。

京都ゑびす神社は西宮、大阪今宮神社と並び日本三大ゑびすと称され、七福神の恵比寿様が祀られていています。

七福神の一つ‘ゑびす神’(八代言代主大神)を祀る。

商売繁盛、家運隆盛で大衆の信仰を集めている、又旅行安全でも知られている。

1月8日~12日の‘十日ゑびす(初ゑびす)大祭’は参詣者で大にぎわいとなる。

IMG_2784.JPG
IMG_2792.JPG
此処に入るとご利益があるらしいです。
IMG_2799 (2).JPG
祇園四条駅付近で昼の食事休憩です。
IMG_2810.JPG
IMG_2815.JPG
美味しかった~。
IMG_2816.JPG
次の宮川町へ 行く途中です。
IMG_2830.JPG
IMG_2829.JPG
京都南座です。
IMG_2832.JPG
宮川町です。
IMG_2835.JPG
宮川町は、建仁寺のすぐ近く、京阪祇園四条駅と五条駅の中間にある町です。
祇園と並ぶ京都を代表する花街として知られ、日が暮れると舞妓や芸妓が通りを行きかいます。
町の一部が祇園町南歴史的景観保全修景地区に指定されており、京町屋が立ち並ぶ風情ある町並みが観光客に人気です。
京都の春を華やかに彩る宮川町芸舞妓総出演の「京おどり」。
IMG_2839.JPG
IMG_2838.JPG
IMG_2845.JPG
六波羅蜜寺に行く手前にこんなところがありました。
450年ほど前、毎晩毎晩飴を買いに来る女がいたそうで、流石に毎夜のことで店主が不思議に思い女の後をつけたら女は墓地にスーッと消えていった女が消えた墓から赤ん坊の声が聞こえて来た。住職に事情を話し墓を掘り起こすとそこには赤ん坊が飴を持って泣いていた。傍らには、紛れもなく飴を買いに来た女の遺体がそこにあったそうだ
平清盛や平重盛といった平家一門の屋敷が5,200余り並んでいたそうです。
その後、平家の没落の際に、戦火によって本堂以外の建物が焼失。
代や将軍が変わっていく中でも、再建復興が進められ、火災が起きるたびに修復されました。
重要文化財にも選ばれている本堂は、1363年に修復されたものを1969年に解体修理したものです。
IMG_2859.JPG
IMG_2860.JPG
IMG_2864.JPG
IMG_2875.JPG
      
      最後までありがとう御座いました。
            

 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント